リーダーになる人の特徴とは?

 

 
 
おはようございます!
 
福祉系特化 離職防止&人材育成
コンサルタントの湯浅です!
 
 
昨日から左目が痛くて
ものもらいにならないかと
心配しています。
 
普段から腫れぼったい目が
さらに腫れぼったく( ゚Д゚)
 
眼精疲労だけならいいんですが・・・
 
今日はほっとアイマスクでもしてみようかなと考え中・・・
 
=======================
本日のテーマは
 
「リーダーになる人の特徴とは?」
 
についてお伝えしていきます!
=======================
私は学生時代からサッカーをしています。
 
それで
個人的に好きな選手は
元日本代表のバッドマンこと
宮本恒靖選手です(^^)/
 
ご存知でしょうか?
 
2002年日韓ワールドカップの
キャプテンだった方です!
 
彼のどこが好きかというと
自分自身体格が似ていたこともあり
よくプレーを参考にしていました。
 
トルシエジャパン時代に流行った
 
フラットスリーでオフサイドトラップを
掛けるタイミングやカバーリングの
状況判断や観察力
宮本選手はとても優れていました!
 
 
 
ちょっとマニアックな
話になってしまいましたね(‘Д’)
 
そんな宮本選手を観察していても
マネできなかったのは
キャプテンシーやリーダーシップです。
 
 
わたしは高校時代、一応部長をしていました。
 
ですが自分に自信がなく
いつもメンバーから練習の文句を言われたりと
あんまり引っ張っていくタイプではありませんでした。
 
 
リーダーシップというと
みんなを引っ張っていく
イメージがあると思います。
 
ただ最近ではいろいろなリーダーシップが
あっていいと思っています。
 
例えば
 
中田英寿選手のカリスマ性
 
田中マルクス闘莉王選手の熱血
 
長谷部選手の総合的能力
全部サッカー選手で例えてしまいましたが
みんなタイプが違いますよね?
他にも
甲子園で選手としてレギュラーには
なれなかったけどキャプテンの子もいますね。
 
こうして考えるとリーダーに「これ!」っといった
特徴はないということになります。
 
 
つまり何が正解かなんて
定義できるわけもなく
いろんなタイプの人が成功もしています。
 
 
 
もちろん必要最低限
求められる能力はあると思います。
 
 
憧れる人がいることは
とても良い事で
マネできるものをマネして
 
あとは自分の良さを
出していけばいいんです。
 
 
よく自分には知識も経験も
人を引っ張っていく力がないので
自信がありません。
とリーダーの人たちは話されています。
 
 
単純に仕事はひとりでするものではないので
できないことはメンバーに助けてもらいながら
チームの総合力を高めることが必要ですね。
もしあなたの会社で
悩んでいる人がいたら
リーダーに正解はないことを
伝えて上げてください。(^^♪
 
自分らしさと憧れの人とマッチさせることを
イメージすればいいんです!
 
本日はここまで
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です