たった15分が大きく左右します

 
 
 
おはようございます!
 
福祉系特化 離職防止・人材育成
コンサルタントの湯浅です!
 
===============================
 
本日のテーマは
「たった15分が大きく左右する」
についてお伝えします!
 
===============================
 
 
それではさっそくいきましょう!
 
いきなりですが
もし仕事で15分あったら
何に使いますか?
 
 
 
・休憩
 
・一服
 
・メールの確認
 
・利用者とのコミュニケーション
 
色々思いつくかと思います。(^^♪
 
むしろ15分じゃ短くて何もできないよ
と思われたんじゃないでしょうか?
 
 
「短い」と思ってもらえたらな
大変うれしく思います。
どれも重要な事ではありますが
 
 
ぜひその大切で短いと感じる15分を
「部下とのコミュニケーション」の時間に
使ってください。
 
 
「普段から話しているよ」
と思われるかもしれませんが
 
普段は無意識的に
「ただ話しているだけ」の状態です。
 
 
また他にも人がいて
なんでも話せる環境ではありません。
 
この15分は
「部下のために部下の話を聴くため」
の時間に使っていただきたいのです。
 
 
いやー15分なんて忙しくて無理だよー
と思われたでしょうか?
 
安心してください15分は取れますよ!
どこかで聞いたことのあるフレーズですが(‘Д’)
 
さっき私が15分あったら何をしますか?
と質問した時多くの人は短いからあまり
何かできると思えないと感じたはずです。
 
短いということはその時間を
捻出することは可能になります!
 
 
週1回たった15分
部下の話を聴く時間を持つだけで
どんな変化が起こるでしょうか?
 
・部下のリアルな思いや悩みを知ることができる
・部下のストレスが軽減される
・信頼関係が築きやすくなる
・退職などを未然に防ぐことができる
 
このような効果が期待されます。
 
わたし自身、部下とのミーティングの時間を
作るようにしていたことで
部下のマネジメントが
とてもしやすくなりました。
 
もちろんミーティングをするときは
 
・話しやすい環境で話してもらう
・8割部下に話してもらう姿勢
・コーチングスキルの活用
・テーマをある程度決めておく
 
このような工夫も必要なのでぜひ
この工夫をして実践してください。
 
 
まずは15分時間を意図的に使って
部下と話す時間からもつことから
始めることが大事ですね!
 
 
本日はここまで
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
 
===================
 
メルマガではより濃い情報をお伝えしています。
 
まだメルマガに
ご登録されていない方は
 
今のうちにぜひ!!
 
ご登録はこちらからどうぞ。
 ↓  ↓  ↓
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です