物事が上手くいく人の共通点

おはようございます。湯浅です!

本日のテーマは

「物事が上手くいく人の共通点」

です。


物事が上手くいく人には共通点があります。

それは「考え方」つまり、マインドです。

人は同じ出来事があっても捉え方
考え方次第で結果が変わってきます。

いつもマイナスなことばかり考えていれば
すべての出来事はその人にとって
マイナスの体験にしかなりません。

反対にプラスなことを考えていれば
すべての出来事はプラスの体験になります。

私の過去の話をすると

私は過去とてもマイナス思考でした。

私の両親は私が小学校卒業の時に離婚をしました。

その離婚をきっかけに私は色々な出来事を
親のせいにして思春期を過ごしてきたんですね。

勉強できないのは塾に行けないから・・・

小遣いが少ないのは親のせい・・・

大学に行けないのは親のせい・・・

 

今になって気づいたのは私と同じ両親が離婚していても

勉強も頑張って大学に入って
素晴らしい仕事をされている人がいること。

これは

その人たちがプラス思考で
いたからにほかありません。

現状に嘆くのではなく

「どうやったら勉強ができるようになるか」

「どうしたら大学に入れるか」

「どうやってこの仕事に就くのか」

 

この「どうやったら」という思考
私には足りていなかったと気づきました。

社会人になってこのことに気づいてから
プラス思考と「どうやったら」をとても
意識するようになりました。

 

仕事はしなければならないこと
その仕事を自分の成長につなげるには
どうしたらいいか。

この仕事ができるようになったら、
完成させたら自分はどう成長できるか。

このマインドいるだけで見える世界が変わります

使う言葉も思考も変わるので
結果も変わってきます。

そのおかげで落ち込んでいた
介護サービスの稼働率の向上と
リピート率の向上を実現し

それだけでなく

現場スタッフが自分たちで率先して
アイデアを出し行動するようになりました。

 

だからこそ

 

プラス思考で「どうやったら」と
考えることが大切になります。


私がどうやって組織改革したのか

詳しく知りたい方は
離職防止&人材育成無料プログラム
7日間の無料メール講座へご登録ください。

登録はこちらから ➔ 登録する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です