あることをしなかったことで

 
 
おはようございます、湯浅です!
まえに私は仕事のパフォーマンスを
上げるには習慣化することが
いいんですとお伝えしたことが
あったかと思います(^^♪
 
今回は習慣化すること自体が
仕事のパフォーマンスを維持するのに
とても役立つと実感できたことが
あったのでシェアしますね!
 
 
私は毎日朝5時に起きているのですが
起きてから必ずする行動があります。
 
まず起きたらトイレに行って
顔洗って
髭をそって
歯を磨いて
子供のお弁当のご飯を炊いて
コーヒー飲んで
パソコンをして
こんな感じです(^^)/
あなたにも
朝起きてから自然に行っている
行動があると思います。!(^^)!
 
私は昨日この自然に行っていることを
しなかったことで
脳のスイッチが入らないで
覚醒できないことがありました。
 
その日1日をどうに過ごしたか
というと
「ずっと眠いまま」です。( ゚Д゚)
ひたすら眠かったです!
まー色々な要素はあると思うので
極端かもしれませんが
 
 
私は割とこの手順を踏まなかったことで
普段通りのパフォーマンスが
発揮できないことや
いまいち行動のスイッチが
入らないことを多く感じています。
 
仕事においてもルーティン業務
というものがあります。
特に福祉はルーティン業務が多い職種です。
 
だからこそルーティン業務を増やしたり
減らしたりで業務調整をして
やりくりをしています。
 
なので、それだけ
ひとつのルーティン業務が増えるのに
抵抗が強くなりますし、
全体に理解されるまでに
多くの時間がかかります。
ですが、結果、振り返ってみると
ルーティン化された状態になると
何の文句も出なくなります。
 
ルーティン化された状態になるのに
無意識レベルで「できている」状態
になります。
この状態まで来てしまえば
何の負担もありません。
 
つまり
ルーティン=習慣化 は
個人でもチーム、組織でも
活用することができるということです(^^)/
 
ここでルーティン化をしていくうえで
ポイントがあります。
 
人は「できたか」「できなかった」だけの
ポイントで物事を判断するクセがあります。
今までも上手くいかなかったら
「これはやめよう!」とすぐ
辞めてしまうケースを何度も見てきましたが
もっと大切にすべきは
 
 
上手くいかなかった理由は
何だったのか?
改善すべき点はどこにあるのか?
という視点を持つことです!
 
 
そうすれば自然とルーティン化できます!
ルーティン化して仕事スイッチをいれましょう!(^^)!
 
ただ習慣にもいい習慣と悪い習慣が
あるので良い習慣を増やしてくださいね。
 
ぜひポイントを意識して行動してください!
 
行動の結果をコメントやメッセージをいただけると
とても嬉しいです(^^)/
 
本日はここまで
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
 
離職防止&人材育成
に関するメルマガも配信しています。
 
画像クリックで登録できます!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です