オンリーワンになる

湯浅です。

 
 
 
本日のテーマは
「オンリーワン」です。
 
先日、高校のサッカー部の同級生達と
数年ぶりにお酒を飲みました。
 
お酒も入れば過去の思い出話に
はながさいてしまうものです。
私は飲めませんが(笑)
 
 
その中の一人は3年間練習や試合
に真面目に部活にきていたけど
結局レギュラーには慣れず
ベンチで高校の部活生活を
終えていました。
 
 
話の中で別のメンバーが
 
「みんな一芸に秀でていて
    特殊能力があった」
 
と話した時
 
レギュラーにはなれなかったメンバーが
 
 
「特殊能力でサッカーはするな!」
 
「高校で大切なのは勝ち負けとかじゃなく
    て、努力した人が報われないといけない!」
 
と怒り出してしまいました。
 
 
流石に思い出話しで怒るとは思わなかった
ので同様はしましたけど(笑)
 
 
 
 
私はその言葉を聞いて違和感を
感じたので直ぐに反論をしました。
 
むしろ特殊能力は大切なことで
みんなその特殊能力を
 
他者と差別化するための
ポジショニングとして
使っただけの話しだと思ったんです。
 
 
ポジショニングとはマーケティング
を行う時に使う手法ですが、
自分自身の強みを活かして、
周りとの違いを見い出す上で
とても重要な考えです。
 
 
たまたま私はブランディングを
学んでいたのでふとそのように
感じました。
 
 
ポジショニングの詳細の説明を
書くと長くなるので、
ここはメルマガで配信しようかと
思います。
 
 
ポジショニングの概念は
仕事でも活用できます。
 
 
同じ仕事をしていてNO.1を
目指そうとするとキリがありません。
 
 
私も以前はとにかく上を目指していました。
 
 
ですが上には上がいて、
ある時No.1を目指すなら
オンリーワンを探さなければ
いけないと思ったのです。
 
 
つまり、その分野なら誰にも負けない
と思える場所です。
 
同じ仕事でも
 
あの人はあれが得意
 
この人はこれができる
 
私はここが得意
 
ということがあると思います。
 
 
まずは自分の強みを探すことが
大切です。
 
 
そして周りを分析しましょう。
 
そこから自分自身の立ち位置を
考えて行くことでオンリーワン
の存在になれます。
 
オンリーワンを考える時の
ポイントとして
 
〇〇のNo.1を目指す。とすれば
自ずとその分野のポジショニングを
取ることができます。
 
人と競争せずに自分の地位を
確立して行くためにも
自分自身のポジショニングを
考えてみることをおすすめします。
 
本日はここまで
最後までお読みいただき
ありがとうございます。
 
人と差がつく達成力として
コーチング、メンタルについて
メルマガを配信しています。
 
メルマガ登録は画像をクリック
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です