心理的効果の活用

 

 

 

おはようございます。

 

湯浅です。

 

本日は心理的効果について

お伝えしたいと思います。

 

この心理的効果を理解しておけば

クライアント、上司、部下、色々な人との

関係性を築くのにとても効果を

発揮するので是非覚えてください。

 

 

例えば初めはどんな人でも

初対面は緊張しますよね。

それが学校や会社、仕事づきあい

であっても。

 

ですが何度も合っているうちに

緊張が解けていつの間にか

プライベートで食事に行くことも

あるんじゃないでしょうか?

 

実はこれが心理的効果が働いているんです。

 

その正体は

 

ザイアンスの「単純接触効果」と言います。

 

ザイアンスの単純接触効果とは

人や物に何度も接することで、

次第に警戒心が薄れて、その人や物に対して

好意を抱く効果を指します。

 

この単純接触効果というのは誰もが日頃から

影響を受けています。

 

 

ちなみに単純接触効果ですので相手と

長く同じ時間を過ごすよりも

何回接触したかの方が重要となります。

 

 

もうお分かりだと思いますが

 

相手と良い関係や親交深めたいなら

何度も接触することが近道ということです。

 

ちなみに接触は体に触れることではないので

そこのところは気を付けてください(笑)

 

ただ体に触れるという行為は

男性にとっても

女性にとっても

パーソナルスペースに踏み込むことになりますし

触れられた瞬間に「オキシトシン」が分泌されるので

相手がいやでなければめちゃめちゃ効果的です。

 

特に女性はゲットしたい男性がいたら

少し肩や腕などに触れると効果的でしょう>

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが

 

このようにビジネスでも恋愛でも活用できる考えです。

 

私はこの心理的効果を活用して

人材育成や営業活動を行っています。

 

新しい職員や部下との関係を築くために

意図的にかかわる。

 

関係先の営業まわりやケアマネさんとの関係づくりで

直接お会いできる場があれば必ず顔を出す。

 

これだけのことでどんどん紹介を受けることができています。

 

 

もちろん嫌われていたら元も子もないので

まずは自分自身の人柄やコミュニケーション

姿勢、態度、表情が相手に好意的に思われることが前提です。

 

是非あなたも人柄と雑談力を養って

このザイアンスの単純接触効果を活用してください。

 

メルマガ登録も募集しています。

 

メルマガ登録は画像をクリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です