仕事のスイッチ

 

メンタルコーチの湯浅です。

 
週明け月曜日はどうしても
仕事のスイッチが入りづらい
と思いますがどんな工夫を
されていますか?
 
 
また仕事のスイッチを
切りたくない時や

すぐにスイッチを
オンにしたい場合は
どんな工夫をされていますか?
 
 
仕事をしていれば
どうしてもスイッチが入らない
ことがありますよね。
 
 
わたしはなんの違いがあるのか
いつも気になっていました。
 
 
その結果、傾向としてわかってきたことがあります。
 
 
一つは
 
週の仕事始めはたくさんの
仕事がたまっていて何から整理して
良いのかわからない状態。
 
そんな状況でも仕事の電話が
入ってきたり、来客があったりと
自分のペースで仕事ができないこと
に原因があります。
 
 
状況を打破するのに私がやっていることは
 
①週末に翌週の予定を日誌に書いておく。
 
②集中できる時間(朝早い時間)に行う。
 
③土日に出勤する。
 
これらを行うことで週明けでも
心の余裕と仕事を整理してから
始められるので、とても落ち着いて
仕事ができます。
 
 
もちろん仕事の内容によって
私がやっていることは
当てはまらないでしょう。
 
 
ですが反対に
 
私の仕事ではできないことが
できる可能性があります。
 
その選択肢や自分が仕事の
スイッチを入れる方法を
見出しておくことが必要ですね。
 
 
ある人は月曜日の午前中は
電話連絡を全く受けないなど
集中できる時間を作っている
そうです。
 
 
 
 
もう一つ仕事のスイッチを
入れやすくする方法とは
 
休憩前や退勤前に仕事を切りの
良いところまでしないことです。
 
午後のことや翌日のことを考えると
 
仕事を切りの良いところまでやることは
気分的にもやりきった感があると思います。
 
ですが思い出してみてください。
 
その後、次の工程に進むのに
やる気が起きなかったり
始めるまでに時間がかかる
ことがありませんでしたか?
 
 
私は実際ありました。
 
 
この状況を打破するには
 
あえて中途半端なところで中断しておくことです。
 
そうすると記憶の中に残っていて
すぐに仕事に取りかかれます。
 
騙されたと思って是非試してみてください。
 
 
何はともあれ自分自身の仕事のスイッチ
のオンオフ切り替えができる方法を
知っておくことが重要ですね。
 
 
本日はここまで。
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
 
 
メルマガ登録はこちらからお願いいたします。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です